ブログノウハウ

【クリック率UP】アイキャッチ画像の作り方!プロ風に仕上げるコツを解説

【クリック率UP】アイキャッチ画像の作り方!プロ風に仕上げるコツを解説
アイキャッチ画像が上手く作れない…。もっと良いアイキャッチ画像の作り方を教えて!

こんな悩みを解決します。

 

アイキャッチ画像は記事の「第一印象」を決め、上手く作ればクリック率UPにも繋がる大事な部分です。

本記事では、そんなイキャッチ画像をプロ風に作る方法・コツを紹介していきます

本記事の内容
  • プロ風アイキャッチ画像の作り方
  • アイキャッチ画像の質を上げるテクニック
  • アイキャッチ以外の使い道

本記事を参考にすれば、あなたも綺麗で高クオリティなアイキャッチ画像が作れますよ。

プロ風アイキャッチ画像の作り方

プロ風アイキャッチ画像の作り方

アイキャッチ画像を作る前に、まずは「Canva」に登録しましょう。3分程度で終わります。

>>Canvaに無料登録

 

できたら、早速アイキャッチ画像の作り方を解説していきます。作り方は大きく分けて3ステップ。

  1. テンプレを決める
  2. 背景・文字を入れる
  3. アイコンを入れる

順に、画像付きで解説します。

 

手順①:テンプレを決める

まずは、アイキャッチ画像の「もと」となるテンプレを決めます。

「デザインを作成」から「名刺」をクリックしましょう。

 

作成画面に入ったら、好きなテンプレ画像を選びましょう。

マウスを合わせて「無料」と書かれてあるものなら大丈夫です。

ちなみに、筆者のオススメは「Webデザイナーの名刺」!おしゃれで洗練されたテンプレが他より多いんです!

テンプレを選んだら、いらない部分を削除して次に進みましょう。

 

手順②:背景・文字を入れる

次に、背景・文字を入れましょう。

背景は色を変えたり、あえて変えなくてもOK。フリー画像を背景にするのも良いですね。

 

また、文字は「真ん中に1文だけ」にすると、綺麗なアイキャッチが作れます。

こんな感じですね。

アイキャッチに入れる文字を多くすると、見づらくなってクリック率が下がる原因になるので、要注意です。

パッと見で理解できる文字数にしましょう!

 

手順③:アイコンを入れる

文字だけだと味気ないので、仕上げにアイコンを入れましょう

左上の「素材」から、様々なアイコンが選べます。

 

素材から吹き出し・アイコンを選んで、あるテクニック(後述)を活用すれば、アイキャッチ画像の完成です。

 

お疲れさまでした!

後は、右上のボタンからダウンロードして、アイキャッチに使用しましょう。

 

アプリ版でも作成可能

また、アイキャッチ画像はCanvaアプリ版からでも作ることが可能

「パソコンだとカクカクして作成しづらい…」という方はアプリ版をおすすめします。

筆者も、ふだんはアプリ版から作ってます!
Canva-名刺,カード,チラシ,ポスター,サムネイル作成
Canva-名刺,カード,チラシ,ポスター,サムネイル作成
開発元:Canva
無料
posted withアプリーチ

 

アイキャッチ画像の質を上げるテクニック

アイキャッチ画像の質を上げるテクニック

ここからは、アイキャッチ画像の質を上げる2つのテクニックを紹介していきます。

  1. 立体感を出す
  2. アイコンを透かす

順に、画像付きで解説します。

 

①:立体感を出す

まずは、文字に「立体感」を出すテクニックを紹介します。

手順は以下の通り。

  1. 元の文字をコピー
  2. コピーした文字を背面に移動
  3. 文字色を薄くする

まずは、立体感を出したい文字をコピーします。

 

次に、コピーした文字を背面へ移動させます。

これで、元の文字が上に来ます。

 

最後に、コピーした文字の色を元の文字より薄くしたら、立体感ある文字の完成です。

より「強調したい単語」にこのテクニックを使うのが効果的です!

 

他にも、色を変えて少しカラフルにしてみたり、

 

文字を2つ重ねてより強調してみたりと、色んな応用が使えます。

自分のブログに合わせて、上手く応用してみるのも楽しいですよ!

 

②:アイコンを透かす

次に、アイコンを「透かす」テクニックを紹介します。

こちらは簡単で、右上の「透明度」をいじれば自由自在にアイコンを透かすことができます。

「アイコンより文字を目立たせたい場合」にこのテクニックが使えます!

 

これを活用すれば、文字を見やすくさせたり、

 

アイコンをうっすらと背景にすることも可能です。

アイコンを上手く使えばオシャレさが爆上がりするので、ぜひ「透かす」テクニックを活用してみて下さいね!

 

アイキャッチ以外の使い道

アイキャッチ画像以外の使い道

また、「Canva」はアイキャッチ以外にも、こんなものが作れます。

  1. 見出し下の画像
  2. Twitterヘッダー

見出し下の画像

「Canva」なら、見出し下の画像がよりオシャレに、簡単に作れます

手順は以下の通り。

  1. 「名刺」からテンプレ選び
  2. 背景だけにする
  3. 記事に合ったアイコンを置く

まずは、アイキャッチの時と同じく「名刺」からテンプレを選び、文字や装飾を全て抜きます。

できたら、記事に合ったアイコンを検索して選び、テンプレの中央に置くだけ。

たった2分ほどで、オシャレかつシンプルな画像が作れます。

ジャンルごとに作って使い回せば、いちいち画像を探す手間が省けますよ!

関連記事:
>>ブログ用フリー素材サイトは不要です【無料で自作する方法を解説】

 

Twitterヘッダー

また、「Canva」ではTwitterのヘッダー画像も作れます。

「Twitter」と検索すれば、ヘッダー画像のテンプレがたくさん出てきます。

Canvaのテンプレを使えば、プロ感のあるヘッダー画像が誰でも作れますよ

実際に、筆者のヘッダー画像もCanvaで作りました!

上記で解説したテクニックをフル活用して、他と差別化できるヘッダー画像を自作しちゃいましょう!

 

ブログアイキャッチ画像の作り方:まとめ

本記事では、アイキャッチ画像の作り方について紹介しました。

アイキャッチ画像はクリック率に繋がる大事な部分なので、今回紹介した作り方・テクニックを活かして良いアイキャッチ画像を作ってみて下さいね。

>>Canvaに無料登録

また、「アイキャッチ作りに時間をかけたくない!」という方は、下記のフリー画像サイトを使用してみて下さい。