ブログノウハウ

読みやすい記事を書く11のポイント【離脱されないブログを作るには】

お悩みさん
お悩みさん
読みやすい文章・記事を書きたい!

そんな要望にお答えします。

 

ブログ初心者のうちって、読みやすい記事を書こうとしても、中々上手くいかずにイライラしてしまいますよね。

そこで、本記事では読みやすい記事を書く11のポイントを紹介します。

 

本記事を参考にして、初心者のうちから文章力を底上げして、周りと差をつけちゃいましょう。

 

読みやすい記事を書く11のポイント

読みやすい記事を書くポイントは以下の11つ。

  1. 長い表現を使わない
  2. 漢字をつなげない
  3. 字だらけにならない
  4. 要点を強調させる
  5. 箇条書きを使う
  6. 一文を長くしすぎない
  7. 専門用語を使わない
  8. プレップ法を使う
  9. 見出し下に画像を入れる
  10. 文字の大きさを整える
  11. 記事を自分で読んでみる

順に解説します。

 

長い表現を使わない

文を書くときは、できるだけ簡潔にまとめましょう。

例えば、こんな感じ。

  • 紹介していこうと思います。
    ☞紹介します。
  • いいというわけです。
    ☞いいのです。

この他にも色々ありますが、「このフレーズをとっても意味が通じるな」と思ったところは省いてOKです。

 

文を簡潔にまとめて、記事全体を読みやすくしましょう。

 

漢字をつなげない

また、漢字をつなげないよう意識するのも大事です。

商用利用可能画像無料

こんな文だと、見づらくて仕方がないですよね。

 

ほかの言い回しなどを使って、上手く漢字がつながらないようにしましょう。

グレープ
グレープ
いっそ漢字をひらがなに直してみるのもいいかも!

 

字だらけにならない

記事が字だらけになってしまうのも、記事が読みにくい原因の一つです。

活字嫌いの方は、字だらけ記事だとすぐに離脱してしまいますからね。

 

そうならないためにも、

  • 画像
  • 見出し
  • ボックス(これのこと)

これらを点々と散りばめて、字だらけにならないよう工夫しましょう。

 

要点を強調させる

大事なところ・読者に特に伝えたいところは強調させましょう

読者は、基本あなたの記事を「流し読み」しているので、強調させないと大事な部分まで流されてしまいます。

 

太字マーカー赤文字などを使って、要点を適度に強調させましょう。

 

箇条書きを使う

文章を短くして読みやすくするために、箇条書きをうまく使いましょう。

 

箇条書きを使えば、こんな長ったらしい文章が…

記事が字だらけにならないために、表や画像、見出しにボックスなどを使いましょう。

バッチリ簡潔にまとめられます。

記事が字だらけにならないために、

  • 画像
  • 見出し
  • ボックス

これらを使いましょう。

長くなりそうな文は、積極的に箇条書きでまとめましょう。

 

一文を長くしすぎない

一文は、長くてもPCから見て1行半、スマホから見て3行~4行ほどに抑えましょう。

文を改行しないと、かなり見づらくなり読者が離脱する原因になってしまいます。

 

こまめに改行して、より見やすい記事にしましょう。

 

専門用語を使わない

また、専門用語や難しい用語は使わないようにしましょう。

専門用語を使うと、読者の読む気が失せて離脱する原因になってしまいます。

 

小学生でも分かる用語を使いましょう。

 

プレップ法を使う

読みやすく・分かりやすい文章を書くなら、プレップ法を使いましょう。

プレップ法(PREP)

  1. 結論・主張(Point)
  2. 理由(Reason)
  3. 具体例(Example)
  4. 結論・主張(Point)

この形に当てはめて順番通りに書いていけば、読みやすく整った文章ができるはず。

初心者でも難なく書けるので、ぜひ試してみてください。

 

見出し下に画像を入れる

h2(はてなブログはh3)の見出し下には画像を入れましょう。

画像を入れることで、字だらけで疲れている読者の目を休め、結果読者の離脱率を下げてくれます

 

稼いでいるブロガーさんが当たり前のようにやっていることなので、見出し下には積極的に画像を入れましょう。

見出し下の画像を探すなら、低容量+おしゃれなフリー画像が見つかる「unDraw」がオススメです。

 

文字の大きさを整える

文字の大きさは15~16pxに整えましょう。

これ以上、文字を小さくしたり大きくしたりすると、文章が見づらくなってこれまた離脱の原因になってしまいます。

 

今一度、自分の記事の文字サイズを確認してみましょう。

グレープ
グレープ
ちなみに、当ブログは16pxだよ!

 

記事を自分で読んでみる

記事を書き終えたら、文章を自分で読んでみて下さい。音読してみてもOKです。

 

読んでみて、日本語として「おかしい部分」が出てきたら、そこをしっかり直しておきましょう。

見直し、意外と大事ですよ。

 

離脱されないブログを作るコツ

ここまで、読みやすい記事を書くポイントを紹介しました。しかし、これはあくまで記事内だけに使えるポイントです。

なので、ここからは「ブログ全体」で、読者に離脱されないコツを2つ、紹介します。

 

ブログの表示速度を速める

ブログの表示速度を速めることは、離脱されないブログを作る上で最も重要なことの一つです。

 

というのも、googleの調査で「表示に3秒以上かかると、53%ものユーザーが離脱してしまう」のだとか。

更に、表示速度が遅いとSEO面でも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

ブログの表示速度は「PageSpeed Insights」から数十秒あれば測定できるので、ぜひ一度測定してみて下さいね。

 

おしゃれなデザインにする

また、ブログのデザインをおしゃれにするのも、かなり効果があります。

デザインがおしゃれで整っていると、読者が見入りやすくなるんですよね。心地よくて、つい長居してしまうんです。

 

おしゃれなデザインは、有料テーマを購入すれば簡単に作れますよ。

「テーマにお金かけたくない!」という方は、無料テーマの「Cocoon」でも大丈夫です。

グレープ
グレープ
筆者のオススメは「jin」です~!

 

読みやすい記事は日々の積み重ねから

今回紹介した11のポイントを意識すれば、初心者でもある程度読みやすい記事が書けると思います。

ただ、元の文章力は記事を書いていって付いていくものです。

 

一朝一夕で付くものではないので、日々記事を書いて徐々に文章力を付けていきましょう。